本文へスキップ

森発條株式会社はバネ製造会社です。

TEL. 03-3612-0166

〒131-0044 東京都墨田区文花1-1-17

製品   PRODUCTS

製品一覧


 バネの種類は大きく分けて「押しばね」、「引きばね」、「トーションばね」、「板バネ・プレス品」、「線細工」の5種類あります。

 森発條では線径0.08mm〜14.0mmまでの自動機での製造が可能であり
バネの材質は主に、ステンレス鋼板SUS304、ピアノ線SWP、オイルテンパー線SWOーA、などがあります。


「押しばね」
 「押しばね」は、静止状態を保つことでばねの機能を発揮させるもので、実際の使用例としては、オーディオ機器の押しボタンや電池ばねがわかりやすい例です。
     
「電池ばね」
通電性の良い金メッキを施して電池端子に使われる事があります。
「円錐型・ツツミ型ばね」
主に密着時の厚みを抑える目的で使用される形状です。
 「四角押しばね」
限られたスペースの中で使われるバネです。


 「引きばね」
「引きばね」は、使用する時にばねが伸び、元の静止状態に戻そうとする力を働かせるためのものです。
 身近な例では、自転車のスプリングがあります。
     
「ロングフックばね」
ひっかける部材、用途に応じ様々なフック形状があります。
「板形ねじ込みフック」
相手物に合わせてフック形状を作る事が可能です。また高い応力にも耐えられるフックです。
 「絞り丸フック(別体)ばね」
コイル部とフック部の複合引きばね。回転部に使用する際に使用されます。


 「トーションばね」
捻りばねのことを「トーションばね」といい、静止状態から捻りを入れることによってばねの働きをさせるものです。 使用例としては、車のアクセルのばねなどがあげられます。
     
「ダブルトーションばね」
コイル部に軸を通し、開閉機構部分に使用される事が多いばねです。
「ヒンジばね」
車のクラッチ部などに使用されているばねです。
 「異型線ばね」
通常の丸線ではない四角などの異型材を使ったばねです。狭いスペースで大きな力を出す事が出来ます。


 「板ばね・プレス品」
 「板ばね」は、ばね性のある板材をプレス加工して、さまざまな形状のものを作って、熱処理を加えたものです。
実際の使用例としては、スイッチ関係の接点用ばねなどがあります。
森発條ではワイヤーカットによる試作品から金型製作での単発型・順送型による量産品まで社内で一貫生産しておりま す。
     
「薄板ばね」
電池端子や、バネ性を利用した使われ方をします。
「皿ばね」
ネジの緩み防止、ヒンジ部のトルク出し等に使用されます。
 「複合部品」
カシメやスポット溶接等により様々な材質がアセンブリー(組立)されたものです。


 「線細工」
「線材加工」とは、作動させる時に使用する作動棒でばね材によってできています。
このばね材は反復して使っても復元作用があります。
使用例としては、連結棒として多く使われています。
     
「軸類」
切削品と違い金型を使用せずに製作可能です。滑り性を良くするため特殊な表面処理を施す事もあります。
「とめ輪」
主にカメラの三角環などに使用されます。金型を使用しない製作方法で、低コスト、短納期対応が可能です。
「つぶし線」
曲げ加工した後に特殊な技法でつぶし加工します。また、つぶした線材を加工する場合もあります。

 もちろん、ここにご紹介した以外にもたくさんのばねがあります。「誰にも出来ないモノをを作ろう」を合言葉に全社をあげて取り組んでおります。「こんな形状は無理だな、、」「他社で断られたから、、」とあきらめる前にぜひご相談ください。


バナースペース

森発條株式会社

〒131-0044
東京都墨田区文花1-1-17

TEL 03-3612-0166
FAX 03-3616-1474

お問合せ担当:前原
info@morihatsu.com


森発條鰍ヘISO9001,ISO14001認証メーカーです。